法律基礎知識

終活/預貯金の整理

預貯金


金融商品は、所有者が亡くなった場合に相続の対象になります。
そこで、のこされた人が相続で困らないよう、 生前に整理しておくことが必要になります。

<預貯金を整理する際の注意点~休眠口座を解約しましょう>

多くの人が、人生のいろいろな場面、 例えば就職や転職、引越し、子供の入学などをきっかけとし
て金融機関にロ座を作ります。
また、用途に応じて複数の口座を使い分けている人もいます。
しかし、引越し先の近くに店舗がないなど、 さまざまな理由から口座を使わなくなることがあります。
そして、その後解約せずに通帳をタンスの引き出しに入れたままにしていると、口座数がどんどん増えてしまい
ます。

長い期間取引されていない預貯金や証券取引の口座を、休眠口座(または睡眠口座)といいます。
休眠口座がどのように取り扱われるかは、それぞれの金融機関が定めたルールによります。

国会では、10年以上放置された休眠口座の預貯金を福祉や地域活性化などの予算に活用できる
法律が、2018年1月日に施行されました。
長い間利用していない口座は早めに預貯金残高を引き出し、口座解約の手続きをしましょう。


<休眠預金等活用法>
10年以上放置された預貯金:名義人に連絡が取れない預貯金は、預金保険機構に移管後、公益活動に活用されます。

2018年1月施行(民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律)

後悔しない終活をするためにも、お気軽に弊所スタッフまでご相談いただけますと幸いです。

PAGE TOP